一目で分かる!新型コロナ :日本は感染拡大が続く。ピークアウトしたイタリアとの比較。COVID-19

 筆者は医師や感染症の専門家ではありません。 記事の内容は筆者個人の見解です。 内容は読者ご自身の責任においてご利用ください。

グラフで比較してみました。 「感染流行のピークに到達した」と宣言があったイタリアと、日本とをグラフ比較してみました。

[感染者増加率の増減]と[感染者数のピーク]の二つで比較すると、現状がよく分かります。

グラフから読み取れることは、(非常に残念ながら)「日本での新型コロナ感染はまだまだ拡大途中だ」ということです。

人の移動を極力減らし、感染経路を絶たない限り、増加傾向が続くでしょう。
政府の施策について思うことも色々とありますが、できるだけ家に居ましょう!

収束へのステップ

感染症などの流行はピークに向かって上昇し、下記のステップで収束へ向かいます。

  1. まず[増加率が減少]する。
  2. そして[増加数が減少]する。
  3. 最後に[患者数が減少]する。
    (患者数:治癒した方、亡くなられた方を除く)

「感染流行のピークに到達した」と宣言があった、イタリアの事例から見てみましょう。

イタリア

増加率グラフ

イタリアでは3月上旬から爆発的に感染者が増加しましたが、感染者の増加率は一貫して減少しています。

下はイタリアの[増加率グラフ]です。 下がり続けているのが一目瞭然です。

イタリア:増加率と7日移動平均
700700【イタリア】感染者の増加率と7日間移動平均線
✻7日間移動平均は、過去7日間の平均値を表したもの。 変化の方向性が良く分かります。

増加人数グラフ

次にイタリアの感染者の増加人数グラフです。 増加人数は減少し始めています。

3/21に「6,557人」でピークをつけてから、ピークの山が減少傾向にあるのがよく分かります。

【イタリア】感染者の増加数

データ

直近2週間のデータでも見てみましょう。
増加率は完全に減少傾向にあるのが、数字からも分かります。

累計人数増加人数増加率%
2020-3-2997,6895,2175.6
2020-3-30101,7394,0504.1
2020-3-31105,7924,0534
2020-4-1110,5744,7824.5
2020-4-2115,2424,6684.2
2020-4-3119,8274,5854
2020-4-4124,6324,8054
2020-4-5128,9484,3163.5
2020-4-6132,5473,5992.8
2020-4-7135,5863,0392.3
2020-4-8139,4223,8362.8
2020-4-9143,6264,2043
2020-4-10147,5773,9512.8
2020-4-11152,2714,6943.2
累計人数増加人数増加率%
イタリア:直近2週間の感染者数と増加率

イタリアの現状

イタリアの現状は、感染がピークをつけ、これから徐々に収束していくフェーズに入ったのがグラフから分かります。

  1. まず[増加率が減少]する。
  2. そして[増加数が減少]する。<=いまココ
  3. 最後に[患者数が減少]する。
    (患者数:治癒した方、亡くなられた方を除く)

セオリー通り、まず ①[増加率が減少]してから ②[増加数が減少]しています。
今後は ③[患者数も減少]していくと思われます。

次は日本を見てみましょう。

日本

増加率グラフ

感染者数の増加率は、増加傾向にあります。

下は日本の[増加率グラフ]です。  一度下がり始めたものの、再び上昇に転じているのがグラフから読み取れます。

赤で示されている[7日間移動平均]を見ると、変化の方向性がわかりやすいです。

700【日本】感染者数の増加率と7日間移動平均

増加人数グラフ

グラフを見ると、日本の感染者数はまだピークをつけていません。


4/9:499人、4/10:5246人、4/11:5902人と、まだまだ増加の途中にあるようです。

イタリアのようにピークをつけ、何度かのピークが減少傾向になると、収束期に入ったと言えるのですが、日本での感染拡大が収束するのは、残念ながらまだ先のようです。

【日本】感染者数

データ

直近2週間のデータでも見てみましょう。
増加率が上昇傾向にあるのが、数字からも分かります。

累計人数増加人数増加率%
2020-3-291,64719413.4
2020-3-301,82017310.5
2020-3-311887673.7
2020-4-1212223512.5
2020-4-223061848.7
2020-4-3254123510.2
2020-4-4284530412
2020-4-5319134612.2
2020-4-6356937811.8
2020-4-738172486.9
2020-4-841683519.2
2020-4-9466749912
2020-4-10524657912.4
2020-4-11590265612.5
累計人数増加人数増加率%
日本:直近2週間の感染者数と増加率

日本の現状

日本の現状は、まだ[増加率が上昇傾向]にあり、減少していません。 そして[感染者数も上昇傾向]にあることから、感染ピークはまだ先だと思われます。

これからさらに増加率が上昇し、感染者も増えていくことが予想されます。

  1. まだ[増加率が上昇]している。<=いまココ
  2. [増加率が減少]する。
  3. そして[増加数が減少]する。
  4. 最後に[患者数が減少]する。
    (患者数:治癒した方、亡くなられた方を除く)

まとめ

流行ピーク到達宣言があったイタリアと日本を、客観的な数字とグラフで比較してみました。

グラフから読み取れることは、(非常に残念ながら)「日本での新型コロナ感染はまだまだ拡大途中だ」ということです。

人の移動を極力減らし、感染経路を絶たない限り、増加傾向が続くでしょう。
政府の施策について思うことも色々とありますが、できるだけ家に居ましょう!

一日も早い収束を願っています。

参考にしたWebサイト

◇グローバルマクロ・リサーチ・インスティテュート
 新型コロナ、イタリアが流行ピーク到達を宣言

◇厚生労働省
 「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について」から、PCR検査陽性者数を引用。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/index.html

◇Worldometers.info
 https://www.worldometers.info/coronavirus/country/italy/

 筆者は医師や感染症の専門家ではありません。 記事の内容は筆者個人の見解であり、何らかの損害が発生しても筆者は責任を負いません。 内容は読者ご自身の責任においてご利用ください。

有料で提供している内容や、
ノウハウまでつぎ込んで

しかも無料で配布することにしました。



総ページ120p以上の
大ボリュームE-Bookです。

図解もまじえ
分かりやすく解説しています。

今日から実践できる、
超具体的なステップで、

「ネガティブでもマイナスでも
自然と上手く行ってしまう方法」が
学べる1冊です。

今のうちにゲットして、
ぜひお役立て下さい。

ここでは絶対言えない
『豪華特典』も付いています。

詳しくはE-bookの最後で。